1. ホーム
  2. 製品
  3. Z-Adam
  4. シンプルな「クロス集計」こそ最強のデータ分析・活用手法

シンプルな「クロス集計」こそ
最強のデータ分析・活用手法

日経ビッグデータ(2014年12月号)に「習得すべき分析手法は5つでいい」という記事が掲載されました。
その趣旨は、分析だからと身構える必要はなく、高度な分析手法を無理に用いることもない、
それよりは、シンプルなクロス集計を使いこなすほうが遥かに有意義であるといった内容でした。
ゼッタテクノロジーもこの記事の趣旨に全面的に賛同します。

データ活用に積極的な8社が重視する分析手法
1.クロス集計(8社) 2. クラスタリング分析(7社) 3. 回帰分析(4社) 4. 決定木分析(4社)
5. 相関分析(3社) 6. RFM分析(3社) 7. 因子分析(2社) 8. アソシエーション分析(1社) 9. 時系列分析(1社)
※出典:「クロス集計」は最強の分析手法である|習得すべき分析手法は5つでいい(日経ビッグデータ2014年12月号)/ニュースななめ斬りbyギックス http://www.gixo.jp/blog/3916/

8社の事業部門担当者に取材し、実際に使用し、重視している分析手法について回答してもらったところ、上記の結果が出ました。 8社すべてが重視しているのは、クロス集計。まさに分析の基本手法です。
特に、事業構造をさまざまな軸から見ていき、状況を正確に把握するには最適な分析手法です。

ビッグデータ分析の場合、結論を導き出すために何度も「試行錯誤」することが必要です。
クロス集計は、様々な分析のベースとなるもので、項目やカテゴリー分類を変更することで、さまざまな軸からの分析が行えます。
非常に「試行錯誤に向いた」分析手法がクロス集計であると言えます。

クロス集計によるビッグデータの
分析・活用の要は「カテゴライズ」

ビッグデータ分析において、どのような内容がデータに存在しているか理解しなければ、分析結果のイメージは作れません。そこで、分析前に、ビッグデータの各項目の値を調べる必要があります。
また、ビッグデータ分析において、有効的な出力結果を得るには、カテゴリ(分類)を何度でも変更できる試行錯誤的な工程を繰り返すことが必須です。

ビッグデータ分析・活用の問題を
Z-Adam が解決

Q&A

Q「ビッグデータの分析・活用、どうすればいい?」
A「クロス集計に強いZ-Adamを使えばいい!」

ビッグデータの分析・活用、どうすればいい?
Z-Adamをお使いください。
分析・活用の基本であり最強手法であるクロス集計が自在に使いこなせます。
ビッグデータの分析・活用には、次のような問題があるのではないか?
1.コストが高くつく(ハードウェア/ツール/開発コスト)
2.ビッグデータを扱える経験者がいない
Z-Adamとゼッタテクノロジーなら、どちらの問題も解決できます。
ビッグデータの分析・活用は、いわば実験と同じ。
「安い・速い」環境で、気軽に何度も試行錯誤できることが重要です。
Z-Adamとゼッタテクノロジーで
ビッグデータ活用の問題を解決。

1.ハードウェア:Z-Adamは低価格サーバーでも高いパフォーマンスを発揮。ダウンサイジングが可能。
 ツ ー ル :他のビッグデータ分析ツールに比べて、低価格
 開    発:コマンドスクリプト実行型なので、圧倒的短期間(少工数)での開発が可能。
        1コマンドでも処理が完了する使いやすさ。運用中の設計変更も少ない工数で行えます。
2.医療系と流通系(ID-POS)をはじめ、クロス集計や統計分析に関する豊富な専門知識とノウハウ
 ビッグデータに詳しい経験者がいなくても、弊社が対応可能。

大量データの集計・分析・活用に関する
30年のノウハウを有しています

超高速クロス集計エンジン「Adam-Report」をリリースして、30年。
大量データ分析に詳しい経験者の方がご不在でも、ご安心ください。
創業以来蓄積してきた統計に関する豊富な専門知識とノウハウを有する
ゼッタテクノロジーがサポートいたします。

実績

e-Stat
各府省が公表するデータを一つにまとめ、誰もが検索できるようにした政府統計ポータルサイト。ここでは、弊社の集計エンジン等のデータ処理製品が貢献しています。
e-Tax
国税電子申告・納税システムに、弊社のAdamシリーズが採用されています。

その他「医療費分析システム」「ジェネリック医薬品普及促進システム」「国保保険者事務効率化システム」などの公共システム、流通業界向けのID-POSデータ分析システムなどを手がけています。

展望

ビッグデータ・オープンデータを
駆使した医療介護市場の統計分析

現在、特に着目しているのは、医療・介護市場です。厚生労働省データヘルス改革推進本部の主導のもと、保健医療サービスのシステム改革が始まっています。「レセプト審査システム」「データヘルス推進支援システム」をはじめ、弊社が大量データ処理のノウハウで貢献できる機会が増加すると確信しています。


大量データ集計・分析・活用についての30年分のノウハウ
ゼッタテクノロジーがご提供します。ぜひご相談ください。
Z-Adamの詳しい説明はこちら