1. ホーム
  2. 製品
  3. Personal RPA
シンプルで使える定型作業自動化ツール
ほんとは”こわい”定型作業
大量の定型作業を前にすると、たいていの人は集中力を切らせてしまいます。
ミスが出やすくなり、作業効率が悪化します。
このような状況を打開するのが、「Personal RPA」。
定型化された作業を自動化するRPAツールです。
あなたの限られた時間を、有効活用することができるようになります。
RPAとは
RPAとは、”Robotic Process Automation”の略で、「ロボットによって業務プロセスの自動化」するテクノロジーのことを言います。 昨今では、特にパソコンでの業務内容を記録し、繰り返し自動実行するツール自体を指すことがあります。
ご紹介ムービー

プロモーション


PersonalRPAで働き方改革

 
PersonalRPAのここが優れている

 
3つの操作で定型作業を自動化

 
導入事例:デザイン業務

 
導入事例:経理業務



シナリオ


Webからの情報取得

 
Webからダウンロード

 
源泉徴収票作成

 
繰返取込:発注書情報取りまとめ

 
繰返出力:帳票(請求書)作成



チュートリアル


製品概要

 
記録

 
編集・再生

3つの特長
多くのRPA製品は導入の際、時間やコストがかかります。
それに対し、「Personal RPA」は迅速・低コストで導入できます。

一人ひとりの作業を自動化


マウス操作による記録が主体でどなたでもすぐに習得できます。
専門のエンジニアが必要なく人材育成にかかるコストを必要としません。

諸費用ががからない


小さくはじめて大きく育てることを可能にした価格設定です。
運用規模に合わせて、柔軟にライセンス数を適用できます。

特別な体制が不要


Excel関数のような個人でのツール利用を想定しているため体制構築や管理を必要としません。
個々人が行っている日々のルーティンワークを自動化します。

操作は3ステップ
申請・届出・報告・発注などの複数のExcelデータを集約する
作業を例に、「Personal RPA」の操作方法をご紹介します。
導入効果
以下のような業務において、導入効果が想定されます。
業務
内容
効果(想定)
帳票データの取りまとめ 申請・届出・報告・発注など複数の
情報をExcelの一覧表にまとめる作業
100件の手入力作業
3時間 

10分に短縮
データからの帳票出力 ECサイトの注文データから
複数の請求書を作成する作業
100枚を手動作成
5時間 

10分に短縮
複数帳票からのデータ集約 社員情報・月ごとの給与金額を
ひとつの源泉徴収票にまとめる作業
100名分を自動作成
5時間 

10分に短縮
Webからの情報収集 特定のWebページから、それぞれの
画像ファイルを収集する作業
100ページからのダウンロード
5時間 

30分に短縮  
製品比較
製品名 タイプ 価格 導入 機能 操作性
Personal RPA デスクトップ型 29,800円/年  個人 シンプル 簡単!
A社 デスクトップ型 908,000円/年~ 要SE 多い 複雑
B社 サーバー型 1,000,000円/年~ 要SE 多い 複雑
C社 双方 4,000,000円/年  要SE 多い 複雑
D社 サーバー型 12,000,000円/年  要SE 非常に多い 複雑
動作環境
対応OSMicrosoft Windows10 / 8.1 ハードディスク空き容量1GB以上
CPUIntel Core i5以上 アプリケーションMicrosoft Excel 2019 ※1
メモリ8GB以上 WebブラウザMicrosoft Internet Explorer 11

※ Personal RPAを利用するには .NET Framework4.6.1以上をインストールするか、または有効化する必要があります。
※1:Excel 2016は動作確認済。その他の一部バージョンにおいてもExcelの標準設定を施すことにより動作可能。

価格
月  額 3,000 年間一括 29,800
(すべて税別)

※Microsoft,Windows,Windows Server, Windows Vista,Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。※その他、記載されている会社名および製品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。 ※記載された内容は、改良のために予告なく変更する場合がございます。 ※写真提供:ペイレスイメージズ、写真AC