事例紹介|教育支援

次世代を担う子供たち、子供たちを指導する立場におられる先生方に対して、
ITを活用した学習機会と環境の提供と、教育現場の活性化を目指したソリューションを提供します。

事例紹介

前のページに戻る

甲府商科専門学校様 - リモコン倶楽部Z School Edition 導入事例

最新の教育設備で経理会計や情報処理の専門家を養成する甲府商科専門学校は、2001年8月に授業支援システムリモコン倶楽部Z School Editionを利用開始。3年毎のリプレース(ハードウェア/ソフトウェアの入れ替え)の度に製品をバージョンアップし、長期に渡って活用されている。長く使い続ける魅力は何だろうか。今回、導入製品の選定ならびに運用責任者である情報科主任の原田教官にお話を伺った。
リモコン倶楽部Z

学習進度のばらつきの解消に。学生のパソコン画面を確認する必要性。

<導入背景>

情報処理検定に取り組む、甲府商科専門学校の授業にパソコンは欠かせない。しかし、パソコンでの操作は学習進度に開きを生んでしまう事がある。教員は各学生の状況を確認したいが、短い授業時間中では全員を廻りきれないという問題があった。そんな中、システム構築会社からの推薦でリモコン倶楽部Z School Edition(以下、リモコン倶楽部Z)の導入検討に至る。

「本校では1教室に35台のパソコンが導入されています。1人の教員では全学生の動きに目が届かないので、以前は授業に遅れを取っている学生がいてもわかりませんでした。そこで学生のパソコン画面をモニタリングできる製品を検討する事になったのです」(原田教官)。

利用満足度の高さは、わかりやすいインターフェースと使い勝手の良さ。

<導入選定理由>

2001年8月、他製品との比較の上、“同等機能であるのに断然に低コスト”であったため、リモコン倶楽部Zを導入。そして3年経過。2004年8月のリプレースに伴い、導入製品を再度選定する事となるが、再検討の末、リモコン倶楽部Zを再導入。その後、2007年8月のリプレース時にも再々導入を行った。そして2010年8月にWindows 64bit OSに入れ替え、現在に至る。

「リプレースの際に再度、授業支援ソフトの選定をしましたが、リモコン倶楽部Zは他製品と比べてリーズナブルですし、やっぱり使いやすさが良いと思いました。原田教官リモコン倶楽部Zは良くできたインターフェースで、操作についてまごつくことがないくらい使い勝手が良いですからね」(原田教官)。


個々の学生の状況をリアルタイムに把握。適時、適切な指導の充実化に


<導入効果>

現在、2教室72台で運用中。リモコン倶楽部Zの主な用途は学生の様子を確認するための画面モニタリング、教員が説明する際のインターネット禁止、授業で使う教材ファイルの配付と回収だ。

「まず、学生の進度を把握できるので、授業について来られない学生がいなくなりました。以前は授業に遅れを取ってしまう学生もいまして、自ら『先生、わかりません』と言ってくれれば良いのですが、中には言わない学生もいて気が付いてみると手が全然進んでいないのです。私が『全然やっていないじゃないか』と聞くと、『だって先生、ここでわからなくなったから、その後もずっとわからなかった』と、そういう事がありました。もう今はモニタリング画面で逐一確認しているので、手が止まっている学生がいればそこへ行って進めることができます。折角、授業へ来ているのに座っているだけでは意味がありませんから重要です。授業が終わってみたらその学生だけ遅れている、という事が無くなったので非常に効果がありました」(原田教官)。

学生の状況を常に確認し、授業につまずいている学生を見つけたら席まで赴き指導を行う。学生にとっても安心であろう、きめ細やかな授業展開だ。学生にも事前に伝えてある、画面のモニタリング。授業中インターネットは利用するが、利用して欲しくない時もある。作業中や教員の説明時だが、ここでもモニタリングの効果があった。パソコン実習室
「学生達は画面を見られていることが判っているので、明示的に禁止しなくても授業中にインターネットをすることが無くなりました。授業では学生の進度に差が出るので、ゆっくりめに説明します。そのために早く終わった学生達はどうしても手持ち無沙汰になるのですね。そういう時についインターネットを見てしまう、という事が多々ありました」(原田教官)。


各学生にはドメイン機能を使ったID番号を付与している。学生は教室のパソコンに各自のユーザーIDでログインを行う。リモコン倶楽部Zには、各パソコンへ教材ファイルの配布及び回収を行う機能がある。回収されるファイルには、ファイル名に氏名やユーザーID等を付加する事が可能だ。

リモコン倶楽部Zに出欠管理機能がありますが、それを使わずに教材の配布/回収機能を使って出欠の確認をしています。授業では毎時間、ワードやエクセルを使った課題提出を行うので、その提出物とファイル名の学生のIDを確認する事で出席と見なしているのです。席にいなければ提出物は作れませんし、最初から「ちゃんと出さなければ欠席にするぞ」と言ってありますので、授業の最後に提出物を集め、それをチェックする事で実際の出欠を取っています」(原田教官)。

甲府商科専門学校では毎月3回(金曜夜)、一般向けのパソコン公開講座を開講している。ワード、エクセル、パワーポイント等が学べる無料の人気講座だ。この講習会で教室を開放するために、パソコンを一般利用者用にする設定作業が生じる。ここでも作業の手間を省くためにリモコン倶楽部Zを活用していた。

「以前は講習会の度に、授業が終わった後で1台ずつ一般向けのIDでログインし直してコマンドを実行するなどの設定変更を行っていました。今は、リモコン倶楽部Zで電源を入れ、オートログオンし、コマンドの一斉実行を行います。それまでは講習会準備に50分かかっていたのが1分で済むようになりました」(原田教官)。

わかる授業を効率良く進めることを第一に。
情報取得の効率化で、円滑なコミュニケーションを創出

<今後の展開>

リモコン倶楽部Zを今まで通りに使いながら授業を効率よく行っていきたいと思います。情報システムに関しては“ユビキタスコンピューティング”がテーマですね。甲府商科専門学校パソコンや携帯電話を使いこなし、いつでもどこでも自分の思い通りにコミュニケーションができ、情報を取り出すことができるようなツールがあれば、学校側でもどんどん取り入れていきたいと考えています。学生も“コンピューター”と構えて捉えずに、あくまでツールとして使いこなしていってほしいと思っています」(原田教官)。



ツールを有効活用するには使いこなすためのITスキルが必要だ。甲府商科専門学校は情報処理検定の合格率も高く、それに見合う授業が展開されている。ここから続々と、高度情報社会で活躍する高スキルを持つ人材が輩出されていくだろう。

事例にご協力いただきました

甲府市立 甲府商科専門学校
http://www.kcc.ac.jp/

〒400-0054
甲府市西下条町1020番地
甲府商科専門学校

<学校概要>
1991年4月設立。2学科(会計情報科/情報処理科)定員30名(1学年60名)の少人数制で能力別クラス編成のきめ細かい指導を行う、全国に2校しかない公立の商業系専門学校。
全学生に表計算/ワープロ共に3級の取得を義務づけるなど、ビジネスで役立つパソコン活用能力の習得に注力。更に、初級システムアドミニストレーター・基本情報処理技術者、マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト(MCAS)・IC3の取得を目指すなど、情報化社会へ向けた人材育成を展開。

リモコン倶楽部Z

▲ ページの上部へ戻る


  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 教育支援
  4. 事例紹介
  5. 甲府商科専門学校様 - リモコン倶楽部Z School Edition 導入事例