事例紹介|教育支援

次世代を担う子供たち、子供たちを指導する立場におられる先生方に対して、
ITを活用した学習機会と環境の提供と、教育現場の活性化を目指したソリューションを提供します。

事例紹介

前のページに戻る

東海大学様 - リモコン倶楽部Z School Edition 導入事例

東海大学(湘南キャンパス)は、2007年4月に授業支援システムリモコン倶楽部Z School Editionを利用開始。2006年度のリプレース(機器入替)を機に、先生方からの声を改善点にシステムの最適化を実現。現在、先生方の授業支援のほか、総合情報センターの職員が行うメンテナンスに活用され、1,800台(1教室最大100台規模で全32教室)で稼働している。

東海大学様 - リモコン倶楽部Z School Edition 導入事例

先生方から挙がっていた声を改善点に

<導入のきっかけ>

導入にあたって、情報システム管理課で検討チームの中心として活躍された古田恭子氏と横田秀和氏にお話を伺った。

「兼ねてから先生方より”プロジェクタが暗い。見えない。中間モニターがほしい。”という要望があり、”2006年度に実施したリプレース(機器入替)を機になんとか改善しましょう”と検討チームが作られたのです」(古田氏)。

しかし、中間モニターを置くと莫大なコストがかかる。
その上、コンピュータ教室のスペース上、中間モニターを置くとパーソナルコンピュータ(パソコン、以下PC)台数を減らさなくてはならない。

コスト、設置場所の問題からネットワークを利用したシステム導入の検討となり、情報収集が始まる。

そんな中、インターネットでサーバーレスで画面転送を実現するリモコン倶楽部Z School Edition(以下、リモコン倶楽部Z)を知り、既に、沼津キャンパスに導入されていたこともあり、見学に赴き、製品の検証が始まった。

<導入背景>

古田氏/横田氏東海大学は、e-leaning(e-ラーニング)システムを取り入れた授業支援(対面授業の補完、VOD教材)や他校舎へのビデオ会議システムを使った遠隔授業を行うなど、積極的なICT活用で情報教育に力を入れている。

英語とITは特別コースを用意し、グローバル社会に向けたスキルアップや資格取得を強力にバックアップ。
また、全学生へメールアドレスを付与し、教職員や学生同士のコミュニケーションツールとして活用しながら、メール利用などに対するリテラシー教育も行っている。

そのほか、Webによる履修登録と講義連絡が行えるポータルシステムを運営し、学生に利用させることで、大学生活の中で「自然とICT活用能力を身につける」ことを目指している。

ポータルシステムは、学生全員がユーザーIDでログインできるシステムだ。
学生は、コンピュータ教室のPCに各自のユーザーIDでログインを行う。

リモコン倶楽部Zには、先生のPCから学生のPCへ資料(データファイル)を配布/回収できる機能がある。

先生方は、授業で使ったワードやエクセル等のファイル提出時に氏名等の入力を指示しても、入力を忘れてしまう学生がいて困ることがあったそうだ。
ファイル名だけでは、どの学生の提出物なのかが判別できない。
だが個人が特定できるユーザーIDで資料を回収することができれば、たとえ氏名の入力を忘れる学生がいても安心だ。

リモコン倶楽部Zでは、PCにログインするユーザーIDごとに資料を回収できるシステムであることが、先生方の要望を満たしていた。

ワンタッチ操作で授業を進行できるクイックコントローラーが大きな決め手に

<導入選定理由>

クイックコントローラーリモコン倶楽部Zを知った後、他2製品の検討と比較が始まった。

まず、1製品目は資料回収方法がPC名毎だった。履修授業の受講生は毎回異なり、もちろん座る場所も異なるため、回収ファイルにPC名が付いていても意味がない。
また、運用上Active Directoryとは別途、サーバーにユーザー情報を事前登録する必要があった。
2万人を越える大学の名簿情報を入力するのは現実的ではない。
さらにクラス毎の登録となり、各自が履修登録した教科を受講する大学のスタイルとは合わなかった。

2製品目は、遠隔操作用のコントローラーがあり便利であった。
しかし、リモコン倶楽部Zクイックコントローラーの適度な大きさと、各ボタンに配置されたアイコンがわかりやすく、使い勝手が良かったことが導入の大きな決め手になる。

「様々な分野の先生方に幅広く利用してもらうために、まず前提として”簡単な操作方法であること”を挙げていました。クイックコントローラーは、機能のボタンが見やすく、ワンタッチで実行・解除が行える簡単な操作性が使いやすく、利用に対する敷居が低かったのです」(横田氏)。

東海大学では、個人情報保護を重要視している。
リモコン倶楽部Zとは別に、運用上PCに履歴を残さないようにするため、特有の設定を行った。
自校の運用ポリシーとセキュリティを十分に満たし稼働開始に至る。


授業支援と運用管理面で効果を発揮

<導入効果>

コンピュータ教室
リモコン倶楽部Zには授業を円滑にするためのさまざまな機能が搭載してある。

導入一年後に実施した先生方のアンケート結果によると、出席管理/画面転送/モニタリング/資料配付回収の機能がよく使われていた。
年齢や専門を問わず、特にPCやITの機能を授業にうまく活用していこうという意欲の高い先生がよく使っておられるそうだ。

「先生方は出席管理を重視していますね。出欠を取るのが大変で、Webベースの授業支援システムもあるのですが、事前に授業のコンテンツや履修者を登録しなくてはいけないのです。
また、ライブ授業としてその時間帯で指定されている部屋からしか出席ボタンが押せないのですが、リモコン倶楽部Zはその場でその部屋にいる人がボタンを押せるので手軽さが全然違います。
学生がボタンを押した後には、出席が採れたかどうかを画面転送して提示し、学生に自分のユーザーIDがあるかを確認させるなど、先生方は工夫されています」 (横田氏)。

近年、先生が作成する資料も電子化され、授業のスタイルも変わってきている。
先生方はプロジェクタに資料を映し出した上で、リモコン倶楽部Zで学生のPCへ画面転送を行う。
リモコン倶楽部Zには、画面を拡大したり、画面上にマーキングする機能がある。

「これまで教科書の重要な部分を指示する場合に、口頭で「何ページの何行目」というように伝えていたものを、PDF化した教科書を画面転送してどの部分かを拡大して示すことで学生の理解度が上がった、という声を聞いています」(横田氏)。

「外国語を担当されている先生から、音声データを送るのが容易になり、学生に個々のPC上で聞かせる事ができるので、授業に対する意欲が出てきたというお話も聞いています」(古田氏)。

リモコン倶楽部ZはPC教室のメンテナンスにも効果を発揮する。
授業支援だけでなく運用管理面でも利用することができ、職員の方々の業務効率が上がったそうだ。

リモコン倶楽部Zは教室内の全PCの電源を一斉に入れて起動し、自動的にログオンする機能がある。
その上、任意のファイルを配布して実行ができ、終わったら一斉にシャットダウンを行える。
大量のPCを有する学校には、ソフトウェアのアップデート時などに重宝且つ必要不可欠な機能であろう。

「総合情報センターの職員は、メンテナンス時以外、リモコン倶楽部Zを使う機会はあまりないのですが、外部の講習会をやった時にはアンケート機能を使って

”今、部屋は暑いですか?寒いですか?”

という内容を聞いたことがあります。他の大学から色々な方が集まる講習会なのですが、毎年

”エアコンが寒すぎた”

という講習会とは関係のないアンケート結果がありまして(笑)。遊び心で興味を持ってもらうために、リフレッシュを兼ねて使いました。個人的に面白いと気に入っています。画面転送も知らない人には印象的なので、インパクトを与えるために使うこともあります」(横田氏)。

教育現場でのさらなるICT活用の浸透

<今後の展望>

「まず、情報システムに関しては、個人情報やプライバシーを意識しつつ、コミュニケーションをとることが必要だと思っています。対面してのコミュニケーションと、ITを介するコミュニケーションは種類や取扱われ方や影響範囲が全く違いますよね。大学の中でコミュニケーションをとり、学生自身に自分が発信する情報がどういう影響を及ぼすのかを意識してもらえるような形で運用しなければいけない、と考えています」(横田氏)。

ICT活用とは、「教室で、教師が、教科をよく理解させるために、ふだんからいつでも、ITが苦手な教師でも活用できる」ことを目指すことだ。

「まずは、リモコン倶楽部Zを先生方にもっと広く使って頂きたいと思っています。興味はあって使いたいけど時間に余裕がなくて使えていない先生や、製品をご存じない先生もいらっしゃるので、今後はより多くの先生方に抵抗なく利用して頂けるように、支援や広報活動を行っていきたいと考えています」(古田氏)。

今後も、東海大学のICTの活用によるコミュニケーションの活性化と情報化の推進に、優秀な人材育成への期待がますます高まる。

事例にご協力いただきました

東海大学
http://www.u-tokai.ac.jp/

湘南キャンパス
〒259-1292
神奈川県平塚市北金目1117
東海大学

<学校概要/特色>
1942年創設。2008年4月、九州東海大学と北海道東海大学を東海大学へ併合。
教育理念に「人文科学と自然科学の融合による確固たる歴史観、国家観、世界観を把握せしめる教育を行う」ことを掲げ、幅広い視野と柔軟な発想力を持つ人材育成を目指している。現在、20学部87学科・専攻・課程を擁する総合大学として教育改革を推進。最新の研究に取り組んだその成果を社会への還元として努めている10キャンパス20学部を持つ日本最大級規模の大学。

リモコン倶楽部Z

▲ ページの上部へ戻る


  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 教育支援
  4. 事例紹介
  5. 東海大学様 - リモコン倶楽部Z School Edition 導入事例