“見える化”とは何か。目的は何か。 “見える化”の現状と問題点。 “見える化”でTOC削減とROIを高める。 “見える化”適用事例。

“見える化”とは何か。目的は何か。

 “見える化”とは、次の行動を誘発する“きっかけ”づくり


 “見える化”の目的

   1. 目標の明確化のために、現状、現在地を明らかにする。
   2. 保有知識やノウハウを共有する 。
   3. “見える”ようにすることで改善を促す。

大切なことは、次の行動が自然に起こるように情報が見えることです。


 これからの“見える化”

利用の主体者を“現場”にすることで、情報の利活用の活性化を図る。
情報の活用で、スキル/ノウハウの共有化をも実現し、事業効率を高める。



共有化を進める。
情報のカテゴリを最適化する。
現場への有用化を図り、利用率をアップさせる。
“情報の蓄積”から“共有情報”の充実化。
経験・ノウハウ共有で組織スキルを高める。

▲ ページの上部へ戻る

“見える化”の現状と問題点…企業環境と見える化

 景気低迷と“見える化”のニーズ

長く続く景気低迷にあって、
「社内に蓄積されているたくさんのデータから売上拡大のヒントを見つけたい」、
「見える化で経営の効率化を図りたい」など
“見える化”の重要性認識は益々高まっています。


 進まない“見える化”。活性化しないデータ活用

“見える化”は、ニーズの高さとは裏腹に実施が進まない実態があります。
なぜなのでしょうか。
また、データ活用はなぜ活性化されないのでしょうか。
多くは、以下のような問題が障壁となっているようです。
あなたの企業ではいかがでしょうか。


 これまでの“見える化”。BIシステム。

経営マターによる情報(レポート)の構築
経営層のリクエストで現場が報告書類を作成
情報の利用者と操作(分析)者が異なる
個人レベルの見える化
ITシステム偏重による本来目的の逸脱
生産性低下やコスト負荷を招く重厚システム
使いにくい、使われない難しいシステム
見える、共用されるまでに時間が掛かる  etc.


 高価なシステムなら何でも見える?

“見える化”を阻む一つ、システム構築が目的になってしまう落とし穴。

“高価なシステムなら導入さえすれば何でも見えるようになる”

あなたはそんなふうに思ってないですよね?

無駄な投資をせず、効率的、効果的な仕組みを作る。
コンピュータはその一部でしかありません。

「目的を失わないこと」

これこそが“見える化”を実現するための近道であると
私達は確信しています。

▲ ページの上部へ戻る

“見える化”でTCO削減とROIを高めるゼッタのソリューション

 様々な問題を解決しながら“見える化”システムを実現。

▲ ページの上部へ戻る

“見える化”適用事例

 ダッシュボード

コスト削減ダッシュボード
顧客満足ダッシュボード
営業情報ダッシュボード

 特定業務向けソリューション

Web連携システムソリューション
  ・GIS・地図情報マッシュアップ連携
医療行政適正化ソリューション
  ・ジェネリック医薬品利用促進分析
  ・医療費・レセプト分析
流通・小売業向けソリューション
その他
  ・予実比較
  ・販売分析
  ・プロモーション分析 etc

▲ ページの上部へ戻る


  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. ビジネス・ICT
  4. 見える化
?