主な特徴|リカバリー王Z

ネットワークパソコン運用管理支援ソフト『リカバリー王Z』

リカバリー王Z

管理コンソールから集中管理。再起動で完全復旧。グループ管理可能。スタンドアロンでも利用可能。ハードディスクの復旧。リモート操作。スケジュール管理。電源のON/OFF/再起動/ログオフ

主な機能一覧

多台数パソコンの一元管理

管理コンソールからのリモート操作により、ネットワーク上の全てのクライアントPCに対して、保護モード変更が一括で実行できます。
教室や学校中のクライアントPCが一括管理できるだけでなく、グループ化することができ、それぞれのグループごとに違った保護環境の設定・管理が可能です。
また、クライアントプログラムの更新インストールやスケジュール設定等も一括で行えます。

スクリーンショット

短時間復旧

再起動中に復旧することが可能です。
短時間で簡単にリカバリーを行うことができます。

(一般のリカバリーソフトでは、ハードディスクのイメージを丸ごとサーバ側にバックアップし、それを戻すためネットワークの負荷が増大。
サーバ側には大量のバックアップ領域が必要となり、復旧時間は約30分以上かかる場合があります。)

リカバリーに要する時間。リカバリー王Z。再起動と同じ時間。約1~2分。一般のリカバリーソフト。ネットワークからコピーしてくる時間。約30~40分。※当社実測による。

複数のドライブを選択、保護

複数のドライブに対して、復旧する/しないを個別に設定することが可能です。
これにより、リカバリーされては困るデータを保護の対象外にすることもできます。


ファイル/フォルダ単位の復旧

複数のファイルやフォルダに対して、復旧する/しないを個別に設定でき、用途に応じて細かな設定が行えます。

スクリーンショット


多彩なリカバリー設定

リカバリー設定は「修復モード」「修復保留モード」「保護解除モード」を 選べるようになっており、用途に応じてモードの変更を行うことができます。

【修復モード】
コンピュータを再起動(シャットダウンして起動)すると、復元ポイントの状態に自動的に修復します。

【修復保留モード】
コンピュータを再起動(シャットダウンして起動)しても、修復をしません。復元ポイントへの修復を任意のタイミングで実行したい時に利用します。

【保護解除モード】
リカバリーの保護を解除します。新規ソフトの追加インストール時など、復元ポイントの内容を更新したいときに利用します。
イメージ配信ソフトを利用する場合は、このモードでイメージ化を行います。

ウィルス対策ソフトの併用

市販のウィルス対策ソフトとの併用が可能です。
保護をかけたい所はしっかりと守りながら、ウィルスチェックのパターンファイルを更新することができます。

※ファイル/フォルダ単位の運用を行う必要があります。

※対応ウィルス対策ソフトにつきましては、「ウィルスソフトパターンファイル更新連携機能」の対応ソフト一覧とご注意事項をご確認ください。

挿絵


スケジュール設定

管理コンソールから簡単にスケジュール設定(毎分/毎日/毎週/毎月/日付指定)し、一斉管理することが可能です。
例えば、夜間に自動で電源ONした後、環境変更を行い、電源OFFする等のスケジュール設定を行うことができます。

電源オン。環境変更。電源オフ。

<例>毎週日曜日の深夜にWindows Updateを実施する場合

スクリーンショット 0:00 電源ON
0:10 保護解除
(この間に、Windows Update等の
 ファイル更新を実行して頂きます)※
3:00 保護開始
3:10 電源OFF

※Windows Updateの自動更新機能でスケジュール実行します。 更新時間はファイルサイズや利用環境により異なります。

その他の便利な機能

  • リモートで電源ON/OFF/再起動/ログオフ
  • パソコン情報自動取得
  • プログラム更新/アンインストール

▲ ページの上部へ戻る


  1. ホーム
  2. 製品
  3. 教育
  4. リカバリー王Z
  5. 主な特徴