1.地震発生時:即座に位置を自動通報
2.所在確認後:メールで安否確認

緊急時における従業員・職員の所在と
安否確認は企業・行政の最優先課題

大規模地震や台風などの災害発生時において、従業員・職員の安否確認を迅速に行うことは、従業員・職員の生活を守る企業・ 行政の役割としての最優先課題。BCP(事業継続計画)の遂行においても、設備やデータ保全だけでなく、業務を行う従業員・職員の 安否確認が大変重要です。
安否確認を素早く行い、個々の状況に応じた迅速な対応を行うことで、災害時の初動段階における防災対策を講じることができ、 短期間での業務の再開が行えます。

「防災BCP-1st」は2つのシステムによって、
より信頼性の高い安否確認を実現

防災BCP-1stは、2つのシステムによって、緊急時の安否確認に関する迅速性と信頼性に優れたサービスです。
安否確認システムだけの運用では、応答確認が取れるまで、状況確認ができず、避難指示などの行動をとることができません。
しかし、災害発生時に、位置通報システムで居場所を把握すれることで、危険エリアに居ないかどうかなどの判断材料が 得られるため、状況予測や避難指示などが行いやすくなります。

即時自動位置通報

スマートフォンで緊急地震速報を受信した時点の所在地情報を自動取得。
取得した情報は、通信規制や回線の混雑による通信不全になる前に、防災BCP-1stのシステムに送られるので、 従業員・職員の所在を素早く確認することができます。

安否確認メール

管理者から安否確認メールを送信し、携帯端末からの応答による確認。
さらに、送信された設問に答え・返信することで、現状把握ができます。
また、掲示板による安否情報の共有も行え、緊急時の情報伝達手段となります。

イチ早い初動対応で、安否確認の遅れを抑制

防災BCP-1stでは、自動で瞬時に位置情報(居場所)を把握。
続いて応答型システムによる安否確認を実施。

※BCPとは
BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)とは、大災害や大事故、疫病の流行、犯罪被害、社会的混乱など、 通常業務の遂行が困難になる事態が発生した際に、事業の継続や復旧が速やかに遂行するために策定される計画のことを言います。


  1. ホーム
  2. 製品
  3. ビジネス・ICT
  4. 防災BCP-1st